不動産売却について

不動産は身近なものとしては土地や建物を挙げることができます。建売などの不動産を購入することもできますが、逆に不動産売却をすることも可能です。不動産売却をする機会は比較的少なくありません。例えば使わない土地を手放す時です。家庭内だと、遺産の相続によって親の不動産を受け継ぐことがあります。実家で暮らしている人であれば必要な建物になりますが、別の場所で暮らしている人はその不動産を使う機会が少なくなります。特に結婚をしてすでに一軒家を実家とは別に購入している人は、必要がないと感じる人も多いでしょう。周知の通り建物の維持は無料ではありません。毎年固定資産税がかかります。さらに老朽化すれば修繕費用などが必要になるので、負担を感じる人も多くいます。そのような方の中には不動産売却をして、固定資産税などの税や管理の負担を少なくしている人もいます。

お引っ越しをする時に以前住んでいた土地や建物を売る目的で不動産売却を利用する人もいます。例えば転勤で将来的に移動の可能性が少ない時に、家族全員でお引っ越しをして新しい土地に住宅を購入する人もいます。この時にも不動産売却をして使用していた不動産を手放す機会があります。

このように不動産を手放す機会は多く、これから不動産売却をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。特に初めての人は売却のポイントがわからない人が多いので、今回は不動産売却をする時のポイントについて紹介します。